東京の住宅検査・フラット35
増改築等工事証明書・耐震基準適合証明書

公正・中立な第三者検査機関が豊富な経験と高い技術で安心をお届けします
運営:合同会社Y.STORY(ワイストーリー)建築事務所
〒207-0023  東京都東大和市上北台3-429-3-401
対応エリア:検査・調査は東京圏で、増改築等工事証明書は全国で対応いたします

一級建築士事務所東京都知事登録第61872号 ・住宅瑕疵担保責任保険法人登録検査機関・住宅金融支援機構適合証明業務登録建築士事務所

お気軽にお問合せください

042-563-5083
080-9401-0407
受付時間
9:00〜19:00(メール相談受付中)
休業日
水、日、祝

   e-mail :   info@y-story.jp

このサイトはSSL(暗号化通信)化しプライバシーが守られています

増改築等工事証明書の発行
[住宅リフォームの減税制度に対応する増改築等工事証明書を発行致します]

  • 令和4年度からローン型と投資型が整理統合され投資型減税に一般リフォームが加算できるようになりました
  • 令和4年度から投資型減税において省エネリフォーム工事要件の一部が緩和されました

個人のお客様用(全国対象)

こちらでは自宅をリフォームした場合の増改築等工事証明書の発行サービスについて紹介いたします

住宅リフォームを行う消費者が一定の要件を満たす場合に受けることができる所得税減税、贈与税の非課税措置、固定資産税の減額など税制の優遇措置があります。税の控除額や軽減額などの算出方法については、制度の種類やリフォームの内容により異なります。また各制度には工事、住宅及び居住者などに係る要件があり、それらを満たす場合でないと優遇措置の適用を受けることができません。Y.STORY建築事務所では書類審査で住宅要件・工事要件を確認し、実際に摘用要件を満たした改修工事が行なわれたことを証明しますので全国どこでも発行可能です。弊社がお客様のリフォーム工事の設計・監理に携わっている必要はありません。またお申し込みは所有者様、リフォーム業者様等どなたでもできます

個人のお客様が優遇を受けることのできる税の種類は次の通りです

■所得税の控除(住宅ローン減税等)

所得税は、1月1日から12月31日までの1年間に生じた個人の所得に課税される国税です。所得税額の控除とは、一定のリフォームに係る工事費用等の額に応じて所得税額を控除する制度であり、 控除期間や控除額などが異なる3つの制度(*投資型減税・*ローン型減税・住宅ローン減税)があります。 所得税額控除の適用を受ける場合は、工事完了後の確定申告で要件を満たす工事を行ったことを申告する ことが必要となります。それぞれの特徴は以下の通りです

制度の種類 リフォームローン要件 控除期間 特徴
投資型減税 ローンの有無によらない 1年 ローンを利用しない場合や、5年未満のローンの場合でも利用出来ます。耐震・バリアフリー・省エネ・同居対応・長期優良住宅リフォームで優遇税制があり、R4年度から一般リフォームでも優遇税制があります。
*ローン型減税 5年以上の償還期間のローンを利用 5年 5年以上のローンの場合に利用出来ます。バリアフリー・省エネ・同居対応長期優良住宅リフォームで優遇税制があり、一般リフォーム工事にも優遇税制があります
住宅ローン減税 10年以上の償還期間のローンを利用

10年 

10年以上のローンの場合に利用出来ます。上記以外の一般リフォーム工事で優遇税制があります

*ローン型減税は工事完了後、令和3年12月31日迄に入居したものに限ります。令和4年後からは投資型と統合され以下の内容に整理されています。

・必須工事について対象工事限度額の範囲内で標準的な費用相当額の10%を所得税額から控除

・必須工事の対象工事限度額を超過する部分及びその他のリフォームについても、その他工事として必須工事全体に係る標準的な費用相当額の同額までの5%を所得税額から控除

対象工事内容は次ページ

固定資産税の減額

固定資産税は、保有する土地や建物などの固定資産について、1月1日時点の評価額に応じて課税される 地方税です。固定資産税の減額措置とは、要件を満たすリフォームを行った場合に、リフォームに要した費用の額によらず一定の割合で家屋の固定資産税が軽減される制度です。固定資産税の減額措置の適用を受ける場合は、工事完了後原則3ヶ月以内に市区町村へ要件を満たすリフォー ムを行ったことを申告することが必要となります。耐震又はバリアフリー又は省エネ又は長期優良住宅リフォームを行なう必要があります

*バリアフリー改修工事は市区町村により様式が異なる為承っておりません(建築士の証明は不要)

対象工事内容は次ページ

贈与税の非課税措置

贈与税とは個人が受けた現金などの贈与に応じて課税される国税です。贈与税の非課税措置とは、リフォームを行うために父母や祖父母から資金(住宅取得等資金)の贈与を受 けた場合に、贈与の一定額までが非課税(相続税も課税されない)となる制度です。 贈与税の非課税措置の適用を受ける場合は、リフォームを行った翌年の贈与税の申告期間に、要件を満たす工事を行ったことを税務署へ申告することが必要となります。非課税枠は以下の通りです

契約年

(R4~契約の時期に係わらない)

*質の高い住宅

(消費税10%摘要)

一般の住宅

(消費税10%摘要)

*質の高い住宅

(消費税10%以外)

一般の住宅

(消費税10%以外)

令和2年4月~令和3年12月 1500万円 1000万円 1000万円 500万円
令和4年1月~令和5年12月 1000万円 500万円 1000万円 500万円

◇質の高い住宅(省エネ等住宅とも言います)とは

①断熱等性能等級4または一次エネルギー消費量等4以上の住宅

②耐震等級(構造躯体の倒壊等防止)2以上または免震建築物の住宅

③高齢者等配慮対策等級(専用部分)3以上の住宅

をいいます(*弊社でこの証明書の発行をすることは出来ません)

◇対象工事内容

次ページの「一般リフォーム工事(住宅ローン減税)」1~6号工事または7~8号工事に該当するリフォーム工事費用が100万円(税込)以上であること

財形貯蓄の適格払い出し

住宅のリフォームで財形貯蓄の引き出しを行う場合、利子等非課税の特典が受けられます。「財形住宅貯蓄」を非課税で適格に払い出すには、リフォームを行う住宅や払い出し方法などが、法令等で定められた要件を満たす必要があります。なお適格払い出しの要件を満たさない場合には、要件外払い出しによる解約となり、利子等に対して課税されるとともに、5年間遡のぼってその間に非課税で支払われた利子等が課税扱いとなります

◇主な条件

・リフォーム後の住宅の床面積が50㎡以上

・リフォーム後の住宅に勤労者本人が居住

・居住用以外の部分もリフォームする場合は、居住用部分の工事費用が全費用の1/2以上となること

◇対象工事内容

次ページの「一般リフォーム工事(住宅ローン減税)」1号工事~6号工事に該当するリフォーム工事費用(住宅ローン減税の場合と同じ)75万円(税込)超(100万円(税込)以下の場合は施工業者による証明書に替えることも出来る)であること

*本特例の適用を受けるためには財形制度取扱い金融機関に工事要件を満たしていることを証明する増改築等証明書を提出する必要があります

*工事要件は住宅ローン減税の1~6号工事に同じになります

*財形法によりリフォームに掛かった費用の一部が対象にならない場合があります

各リフォーム工事の種類と最大控除額
(令和4年度に工事完了後入居した場合。*は令和3年後度までに工事完了後入居した場合)

リフォームの種類 税目 控除期間 最大控除額(税込)

一般リフォーム(1~6号工事)

所得税【住宅ローン減税】 10年

140万円

*最大480万円

耐震リフォーム 所得税【投資型】 1年 62.5万円
固定資産税 1年度分 1/2を軽減(家屋面積120㎡まで)

バリアフリーリフォーム

所得税【投資型】 1年 60万円
*所得税【ローン型】 5年 *62.5万円
固定資産税 1年度分 1/3を軽減(家屋面積100㎡まで)
省エネリフォーム 所得税【投資型】 1年 内容により62.5万又は67.5万円
*所得税【ローン型】 5年 *62.5万円
固定資産税 1年度分 1/3を軽減(家屋面積120㎡まで)
同居対応リフォーム 所得税【投資型】 1年 62.5万円
*所得税【ローン型】 5年 *62.5万円

長期優良住宅化リフォーム

所得税【投資型】 1年 内容により62.5万又は80万円
*所得税【ローン型】 5年 *62.5万円
固定資産税 1年度分 2/3を軽減(家屋面積120㎡まで)

対象となる工事、住宅等の要件、控除に関する要件、併用条件はそれぞれ異なります

軽減を受けるため(証明書取得)の主な共通要件

1.自ら所有し、居住する住宅であること(投資型耐震リフォームは居住していれば可)。

2.床面積の1/2以上が居住用であること(併用住宅の場合)

3.改修工事完了後6ヶ月以内に入居すること

4.改修工事後の床面積が*50m²以上であること(改修部分でなく家全体)*一部40㎡以上の緩和規程あり

の他減額をうける税の種類により要件が異なります 

各税制の工事要件、住宅等の要件又併用については下記へ(住宅ローン減税の1~6号工事の内容についてもコチラ)

*本特例の適用を受けるためには、申請を行う個人のお客様が国や市町村に工事要件を満たしていることを証明する増改築等証明書を提出する必要があります。弊社では、個人のお客様が所得税の控除(住宅ローン減税等)、固定資産税の減額、贈与税の非課税措置を受けたい場合に『増改築等工事証明書』を全国を対象に発行いたします

*租税特別措置法によりリフォームに掛かった費用の一部が対象にならない場合があります。お見積もりから当該工事を弊社で仕分け致します。特に外構工事、外壁塗装・屋根塗装・バルコニー防水塗装工事は対象になりません(貼替えは対象)のでご注意下さい。また投資型減税では国が定めた標準的な工事費用相当額を弊社で計算致します

その他の減税

■買取再販で扱われる住宅の取得に係る特例措置

(一定のリフォームが行われた既存住宅を取得した場合)

1)住宅ローン減税の優遇

・個人の方が宅地建物取引業者より一定のリフォームが行われた既存住宅を取得した場合に、住宅ローン減税の期間10年→13年、借入限度額2000万→3000万に優遇されます。借入金額が少ない方は期間で、多い方は限度額でメリットがあります

・家屋の所有権移転登記の税率が本則2.0%→(一般住宅特例0.3%)→0.1%に軽減されます

*上記1)、2)の優遇および特例の適用を受けるためには増改築等工事証明書が必要であり、発行には買取再販業者様の協力が必要です。適用要件等の詳細は「増改築等工事証明書(買取再販事業者用)」を確認下さい

対象エリア  全国

増改築等工事証明書は書類審査で住宅要件・工事要件を確認し、実際に摘用要件を満たした改修工事が行なわれたことを証明する公的証明書ですので全国どこでも発行可能です。弊社がお客様のリフォーム工事の設計・監理に携わっている必要はありません。但しリフォーム内容を書類から把握しないとなりませんので必要書類は適切に準備して下さい

料金について (1部当たりの価格です)

証明書の発行料減税制度の全ての種類・対象工事】

一戸建て

一律

18,000円(税込19,800円)

マンション 一律

18,000円(税込19,800円)

*料金は住宅ローン減税の場合で3号工事(床壁一般リフォーム)と1号工事(大規模修繕工事等)または4号工事(耐震改修工事)、6号工事(省エネ改修工事)などを併用する場合や投資型減税の場合でバリアフリーと省エネを併用する場合などでも一律同額で発行致します

*所得税と贈与税・固定資産税などの併用を行なうお客様は二部目から1.0万円(税込1.1万)で発行致します

*固定資産税の減額(建物のみ)を希望されるお客様は、新築時からの経過年数が経っている場合(特に戸建て20年以上)減額される金額が少ない事が多いのでご注意下さい。固定資産税の減額のバリアフリー改修工事のご依頼は市区町村により様式が異なる為承っておりません(建築士の証明は必要ありません)

*お急ぎの方はプラス273円(税込300円)で速達発送いたします

必要書類

必要書類 お申込書 お申込書(発行申請書)は下段からダウンロードして下さい

建物の登記事項証明書の写し(土地は不要)

改修工事を行った家屋のもの(全部事項証明書)。家屋の床面積の要件を満たしていることを確認下さい
工事請負契約書の写し

当初契約と最終支払金額に変更がある場合は変更契約書も必要です。無い場合は領収書や振込明細書、通帳コピーなど工事代金の支払いが確認できるものをご提出下さい

工事内訳書(見積書) 工事内容が確認できるもの
間取図面(変更前・変更後) 間取りの変更がない場合は現在の間取り図があれば結構です。図面がない場合はご相談下さい
工事写真(工事前・工事後) リフォームが行われた部分の写真(各部屋1枚程度。屋根・外壁をリフォームしている場合は外観必須)。工事前の写真がない場合はご相談下さい
補助金等の給付証明書のコピー 補助金や住宅改修費の給付を受けている場合は、その証明書のコピー

*その他証明書の種類やリフォームの内容により必要と思われるものをご連絡することがあります。特にバリアフリー・省エネ・耐震リフォームの場合は細かな点を確認させて頂きます

*お申し込み方法については下部「弊社サービスの流れ」を確認ください

*提出頂いた資料は返却致しませんので、原本でなく全てコピーをお送り下さい

*ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください

住宅ローン減税等の所得税控除、贈与税の非課税措置を利用する場合は増改築等工事証明書を管轄税務署に提出下さい

固定資産税の減額を行う場合は、増改築等工事証明書を市区町村役場に提出下さい

財形貯蓄の適格払出しを行う場合は増改築等工事証明書を取扱い金融機関に提出下さい

料金のお支払い(銀行振り込み)

料金のお支払いは証明書発行後となります。7日以内に指定銀行にお振り込みをお願いしております。ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせ下さい

証明書の納期について

必要書類が整っていて不備がない場合は、申し込み受付から5営業日以内で作成し郵送にて納品致します

各税制の工事要件、住宅等の要件又併用については下記へ(住宅ローン減税の1~6号工事の内容についてもコチラ)

中古住宅又は新築住宅取得時に住宅ローン減税を既に受けているお客様へ

中古住宅の取得時に住宅ローン減税を受けている、若しくは新築時に住宅ローン減税を受けているお客様でも最大控除額内でリフォームローン減税を受けることができます。ローンを住宅取得とリフォームと2本で組んでいても、同時に1本で組んでいてもリフォームローン控除を受けるためには増改築等工事証明書が必要になります。又リフォーム部分に関してローンではなく、贈与(親からの援助等)を受けて行なう場合も増改築等工事証明書で一定金額までの非課税措置を受けることができます

弊社サービスの流れ

お問合せからサービス提供開始までの流れをご説明いたします

平日は時間がないという方も安心です

お問合せ

平日はお仕事で忙しいという方の為に、土日もご相談を受け付けております。メール無料相談・お見積もりでどうぞ。一つでもご不明点がございましたら、お気軽にお申し付け下さい

不明点があればご質問ください

発行申し込み

申込書は本文中または『各種申込書のダウンロード』のページからダウンロードして頂き必要事項を書き込んでメール[pdf.データ(写真はjpg.データでも可):1メール当たり8MB以下(容量を超える場合は分散願います)]もしくは郵送で資料と一緒にお願い致します

メールでの送り先:info@y-story.jp(データ条件厳守)

郵送での送り先:〒207-0023東京都東大和市上北台3-429-3-401

支払期日に希望がある方はご連絡下さい

証明書の発行

必要書類が整っていて不備がない場合は、申し込み受付から5営業日以内で作成し郵送にて納品致します。同時に請求書を送らさせて頂きますので指定銀行にお振り込みください。

*普通郵便で発送します。お客様のお手元に届くのは上記期間プラス郵送期間となります。お急ぎの方や遠方のお客様は速達をご利用下さい

その他メニューのご紹介

増改築等証明書の発行
(買取再販業者様向け)

弊社の増改築等証明書の発行について説明しております

耐震基準適合証明書
の発行

弊社の耐震基準適合証明書の発行について説明しております

フラット35適合証明書
の発行

弊社のフラット35適合証明書の発行について説明しております

無料相談・お見積りはこちら

メール相談受付中。このサイトはSSL(暗号化通信)化しプライバシーが守られています。安心してお問合せください

お電話での問合せはこちら

042-563-5083

携帯電話

080-9401-0407
受付時間
9:00〜19:00
休業日
水、日、祝